文書作成日:2019/10/22

協会けんぽの被扶養者資格の再確認とその際に活用できる文書例

 全国健康保険協会(以下、「協会けんぽ」という)では、健康保険の被扶養者になっている人について、毎年一定の時期に被扶養者の要件に該当しているかの確認を行っています。今年度は、10月下旬までに確認のための被扶養者状況リスト(以下、「状況リスト」という)が送付されることになっています。
 この確認は、要件に該当しない被扶養者により、医療費および高齢者の医療費への拠出金が不当に高くなることで、保険料が増加することを防止する目的で行われるものです。そこで、今回はこの再確認の概要と、確認を行う際に利用できる、協会けんぽから提供された文書例をとり上げましょう。

[1]2018年度に行われた被扶養者資格の再確認の状況
 被扶養者資格の再確認は昨年度も行われましたが、その際、被扶養者から削除となった人は約7.1万人(2018年11月16日現在)となっており、結果、17億円程度の高齢者医療制度への負担削減効果が見込まれたと発表されています。被扶養者から削除となった主な理由としては、「就職したが削除する届出を年金事務所へ提出していなかった」というものがほとんどを占めたようですが、収入超過によるものも見られたとのことです。

[2]被扶養者資格の再確認の概要
 2019年度の被扶養者資格の再確認の対象者、再確認の方法、提出期限は以下のとおりとなります。

  1. 対象者
     今回は、2019年9月13日現在の被扶養者の人が対象ですが、2019年4月1日以降に被扶養者となった人は確認の対象外となります。なお、今回は、健康保険法改正により、2020年4月から被扶養者の国内居住要件が新設されることを踏まえ、現在の居住状況の確認を併せて行うため、18歳未満の被扶養者の人も含めて全被扶養者を対象として行われます。
  2. 再確認の方法
     再確認は協会けんぽから会社に送付されてくる状況リストに従い、被扶養者の要件を満たしているかについて、文書または口頭により、各被保険者に対して行います。文書での確認に利用できる文書例(健康保険被扶養者資格再確認調査票)がこちらからダウンロードできます。
     なお、給与所得者の扶養控除等(異動)申告書により所得税法上の控除対象配偶者または扶養親族について、確認できている場合は、被保険者に対する文書または口頭による確認を省略することができます。
     要件を満たしていない場合、状況リストに同封されている被扶養者調書兼異動届を作成し、該当する被扶養者の健康保険被保険者証を添付し、協会けんぽに返送します。ただし、この届出で手続きを行う場合には、提出から処理が完了するまで1ヶ月ほどかかることもあるため、処理を急ぐときには、通常の手続きである健康保険被扶養者(異動)届を事務センター(年金事務所)へ提出することにより行います。

 今回は、再確認する被扶養者の範囲が広くなることから、上記でとり上げた文書例などを活用して、従業員の方がスムーズに確認できるようにしましょう。提出期限は2019年11月20日(水)となっています。

■参考リンク
協会けんぽ「事業主・加入者のみなさまへ「令和元年度被扶養者資格再確認について」」
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat590/info10531
協会けんぽ「事業主・加入者のみなさまへ「平成30年度被扶養者資格の再確認及びマイナンバーの確認にご協力ありがとうございました」」
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat590/31010901


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。




今年も11月に実施される過重労働解消キャンペーン2019/10/15
従業員50名以上の事業場に求められる衛生委員会の設置とその活動2019/10/08
健康保険から支給される傷病手当金の概要2019/10/01
重要性が増している定期健康診断の実施2019/09/24
今年も大幅な引き上げとなる最低賃金2019/09/17
通勤災害と認められない通勤経路の逸脱・中断とその例外2019/09/10
労基署監督指導により支払われた割増賃金支払額は昨年度より大幅減の125億円2019/09/03
最低賃金の対象となる賃金と歩合給における最低賃金の考え方2019/08/27
育児や介護等で退職した従業員を再雇用した際に支給される助成金2019/08/20
改めて確認したい管理監督者の労働時間の把握義務と割増賃金の支払い2019/08/13
確認の徹底が求められる育児休業の延長・再延長の申出理由2019/08/06
改めて確認したい休憩時間の基礎知識2019/07/30
口座振替により納付できる労働保険料2019/07/23
増加を続け、深刻さが増す「いじめ・嫌がらせ」の相談件数2019/07/16
ハローワークを通じた障害者の就職件数が10年連続で前年を更新2019/07/09
本格的な夏到来!熱中症の予防対策2019/07/02
治療と仕事の両立支援を行う際に活用できる助成金2019/06/25
電子申請で行うことが義務化される大企業の社会保険手続き2019/06/18
社会保険の添付書類の廃止や署名・押印の省略の動き2019/06/11
年休を前倒しで付与した場合に適用できる特例2019/06/04
2019年4月よりスタートした国民年金の産前産後期間の保険料免除制度とは2019/05/28
半日単位の年休を導入する際の留意点2019/05/21
3歳までの子どもの養育期間中に利用できる厚生年金保険の特例措置2019/05/14
障害者雇用 雇用人数・実雇用率ともに過去最高を更新2019/05/07
採用リスクを軽減するための試用期間の設定とその運用2019/04/30
年次有給休暇管理簿を作成する際の留意点2019/04/23
定年再雇用時等に社会保険料の負担を軽減できる同日得喪の手続き2019/04/16
4月より電子メール等での労働条件の明示が可能になりました2019/04/09
パートが年休を取得した場合の賃金支払いにおける留意点2019/04/02
産業医に提供が求められる従業員の健康管理等に必要な情報2019/03/26
確認しておきたい平成31年度の社会保険料率2019/03/19
産休中の社会保険料免除と期間の変更手続き2019/03/12
医師の面接指導の対象者拡大と求められる労働時間の状況の適正な把握2019/03/05
2019年4月より簡素化される一括有期事業の事務手続き2019/02/26
従業員が退職するときの申出時期と年休の取得2019/02/19
1月より変更となった労働者死傷病報告の様式2019/02/12
被扶養者資格の再確認の結果とこれからの時期に取り組みたいアクション2019/02/05
年5日の年次有給休暇の取得義務に向けた実務上の注意点2019/01/29
厳格化される過半数代表者を選任する際の注意点2019/01/22
厚労省が実施した「過重労働解消相談ダイヤル」の相談内容は「長時間・過重労働」が4割2019/01/15
平成30年の大卒初任給は206,700円2019/01/08
今春よりスタートする時間外労働の上限規制への実務対応2019/01/01
10月1日からマイナポータルで作成が可能となった就労証明書2018/12/25
割増賃金率の就業規則への記載と、近年行われた法改正と就業規則の整備2018/12/18
育児短時間勤務制度を導入・運用する際のポイント2018/12/11
増加の一途をたどる65歳以上の常用労働者2018/12/04
新卒者が3年以内で会社を辞める割合は高卒で4割、大卒で3割2018/11/27
2018年10月より雇用関係助成金に関する書類が郵送で受け付けられるようになりました2018/11/20
年次有給休暇の平均取得日数は9.3日2018/11/13
2019年4月から基準が変更される医師の面接指導2018/11/06
電子メール等の利用も可能となる労働条件の明示2018/10/30


社会保険労務士 繁笑事務所

〒540-0033
大阪府大阪市中央区石町1-1-1
天満橋千代田ビル2号館 7階
TEL : 06-6809-5082
FAX : 06-6809-5982
E-mail : info@hanjou.jp
URL : http://www.hanjou.jp/

ページの先頭へ