文書作成日:2020/09/29

書類送検など厳しい対応が取られる労災かくし

 労働災害が発生し、労働者が休業したり、死亡したりしたときは、労働基準監督署に労働者死傷病報告を提出することが義務付けられています。この提出を怠ったようなときには「労災かくし」として問題になります。以下では、労災かくしとはどのようなものかを確認し、労災保険を利用すべきところ、誤って健康保険を利用した場合の対応についてとり上げます。

[1]労災かくしとは
 労災かくしとは、故意に労働者死傷病報告を提出しないこと、虚偽の内容を記載した労働者死傷病報告を労働基準監督署に提出することを言います。このように労災かくしが行われると、本来、取り組むべき労働災害の防止が適切に行われず、同様の労働災害を発生させることが考えられるため、労働基準監督署においては厳しい対応が行われています。
 実際に近年、厚生労働省ではホームページで、労働基準法、労働安全衛生法、最低賃金法等の労働基準関係法令の違反について書類送検した企業名等が公表されていますが、この労働者死傷病報告を提出しなかったことにより、書類送検され、企業名等が公表されている事案も多く見られます。

[2] 労働災害の受診に健康保険証を使った場合の対応
 労災保険を利用して受診すべき労働災害によるケガや病気のときに、健康保険証を提示することで健康保険を利用して医療機関で治療を受けると、健康保険から労災保険への切り替え手続きが必要になります。この切り替えについては、まず、受診した医療機関の窓口に申し出て、切り替えが可能かを確認します。

  1. 受診した医療機関(労災保険の指定医療機関であった場合)で切り替えができる場合
     医療機関の窓口に申し出て、窓口で支払った健康保険の医療費等の自己負担分を返金してもらいます。その後、労災保険の様式第5号「療養補償給付及び複数事業労働者療養給付たる療養の給付請求書」を受診した医療機関へ提出します。医療機関での会社や従業員の費用負担はなく、医療機関が労働基準監督署に様式第5号を提出し、医療機関に医療費等が支払われる仕組みです。
  2. 受診した医療機関で切り替えができない場合
     切り替えができない場合には、医療費等の全額をいったん、従業員が立て替え、労働基準監督署へ請求します。具体的には、協会けんぽや健康保険組合等の保険者(以下、「協会けんぽ等」という)へ労災保険の適用であったことを申し出ます。その後、協会けんぽ等から医療費返納の通知と納付書が届くため、かかった医療費等の全額から、既に医療機関で支払った自己負担額を除いた額の医療費等を金融機関で返納金として支払います。その後、労災保険の様式第7号「療養補償給付及び複数事業労働者療養給付たる療養の費用請求書」を記入し、医療費等の全額を労働基準監督署へ請求します。

 労働災害が発生したときに、医療費等について労災保険を利用せずに、全額会社が負担することもあります。このように労災保険を利用しない場合であっても、休業等が発生したときは労働者死傷病報告を提出する必要があります。意図せず労災かくしにならないように、確実に提出をしましょう。

■参考リンク
厚生労働省「「労災かくし」は犯罪です。」
https://www.mhlw.go.jp/general/seido/roudou/rousai/
厚生労働省「「労災かくし」の送検事例」
https://www.mhlw.go.jp/general/seido/roudou/rousai/4.html
厚生労働省「お仕事でのケガには、労災保険!」
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/rousaikakushi/dl/leaf-01.pdf


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。




2020年度の最低賃金40県で1円〜3円の引上げに2020/09/22
短縮される雇用保険の基本手当の給付制限期間2020/09/15
衛生管理者が不在となる場合に必要な企業の対応2020/09/08
2019年度わずかに上昇した男性の育児休業取得率2020/09/01
新型コロナウイルス感染症に伴う月額変更の特例2020/08/25
増加する新型コロナウイルス感染症に関する労災請求と認定事例2020/08/18
新型コロナで休業手当が支払われなかった人に支給される新型コロナ支援金2020/08/11
高年齢労働者が安心・安全に働ける職場環境づくりとその支援のための補助金2020/08/04
障害者雇用において求められる合理的配慮の提供義務とハローワークへの相談2020/07/28
過去最多を更新した精神障害による労災請求件数2020/07/21
新型コロナウイルス感染症に関連した雇用保険の特例2020/07/14
育児短時間勤務制度における実務上の留意点2020/07/07
第二次補正予算成立で拡充された新型コロナウイルス感染症に関連する助成金2020/06/30
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、健康診断の実施の延長が認められています2020/06/23
休業手当を支給したときの定時決定(算定基礎)の注意点2020/06/16
労働保険の年度更新期間の延長と納付猶予の特例2020/06/09
新型コロナウイルス感染症により設けられた社会保険料の納付猶予の特例2020/06/02
雇用調整助成金 手続の大幅な簡素化とオンライン申請2020/05/26
令和元年の大卒初任給は210,200円2020/05/19
小学校等の臨時休業に伴い設けられている小学校休業等対応助成金2020/05/12
2020年2月14日より設けられた特定求職者雇用開発助成金の就職氷河期世代安定雇用実現コース2020/05/05
新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い拡充された雇用調整助成金の特例措置2020/04/28
新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークを実施する際に活用できる助成金2020/04/21
健康診断実施後に会社が行うべき対応2020/04/14
パートタイマーの休業手当を計算する際の注意点2020/04/07
2020年4月1日から施行される改正女性活躍推進法2020/03/31
新型コロナウイルス感染症に関する情報リンク集2020/03/24
事業所を廃止する場合の労働保険手続き2020/03/17
2020年3月分から変更となる協会けんぽの健康保険料率2020/03/10
2021年1月より時間単位で取得できるようになる子の看護休暇・介護休暇2020/03/03
4月より開始する短時間労働の障害者を雇用する事業主への給付金制度2020/02/25
2020年3月30日から施行されるハローワーク等での求人の不受理2020/02/18
2020年4月から廃止となる雇用保険料の免除2020/02/11
障害者雇用 雇用人数・実雇用率ともに過去最高を更新2020/02/04
採用面接のときに注意すべき不適切な質問2020/01/28
全国的な自転車保険の加入義務化に伴い、見直しておきたい自転車通勤等の取扱い2020/01/21
4月より健康保険の被扶養者の要件に国内居住が追加されます2020/01/14
2019年12月2日からスタートした健康診断結果報告書等の帳票印刷サービス2020/01/07
66歳以上まで働ける制度のある企業の割合は3割2019/12/31
年次有給休暇の取得状況を確認する際の注意点2019/12/24
高校新卒従業員の39.2%、大学新卒従業員の32.0%が入社3年以内で離職2019/12/17
就業規則の作成・届出や衛生管理者の選任時における労働者数の考え方2019/12/10
時間外労働削減に向けた取組みを行う際に中小企業が活用したい助成金2019/12/03
来年より充実するハローワークの求人サービス2019/11/26
10月よりスタートした従業員が自己啓発を行う際に活用できる教育訓練給付金制度2019/11/19
無用な解雇トラブルを防止するために知っておきたい解雇予告の注意点2019/11/12
誤りやすい割増賃金の基礎となる賃金2019/11/05
協会けんぽの手続きでも広がる署名・押印の省略の動き2019/10/29
協会けんぽの被扶養者資格の再確認とその際に活用できる文書例2019/10/22
今年も11月に実施される過重労働解消キャンペーン2019/10/15
従業員50名以上の事業場に求められる衛生委員会の設置とその活動2019/10/08


社会保険労務士 繁笑事務所

〒540-0033
大阪府大阪市中央区石町1-1-1
天満橋千代田ビル2号館 7階
TEL : 06-6809-5082
FAX : 06-6809-5982
E-mail : info@hanjou.jp
URL : http://www.hanjou.jp/

ページの先頭へ